• なないろ訪問看護ステーション

もう一つのなないろ訪問看護ステーション(サテライト)



こんにちは、管理者の吉良です。 今年のゴールデンウイークは皆さんにとってある意味思い出に残る休日となった方が多いと思います。

私たちは変わらずくゴールデンウイークは患者さんのところに訪問させていただきました。

今年は新型コロナウイルスの影響で、本来ならばお孫さんなどが集う機会になっていましたが、少し寂しく思う患者さんもいました。

また、病院より退院された方は入院中の面会規制があり、やっとご家族とお会いできて安堵の表情を浮かべておられました。


ゴールデンウイークは天候にも恵まれましたが、気温も高く熱中症の危険性もあり、感染予防と熱中症予防の両方に気を使いながら訪問させていただきました。




さて、皆さんはサテライトと聞いて何を思い浮かべますでしょうか。


サテライトとは

衛星。人工衛星。中継地点の意味があります。


なないろ訪問看護ステーションにも、サテライトの事業所があることはご存知でしたでしょうか。

4月1日より一宮市光明寺に事業所を移転いたしましたが、移転前の旧事務所がサテライトとして「なないろ訪問看護ステーションきそがわサテライト」として愛知県に登録させていただきました。



訪問看護におけるサテライトとは、中継地点としての役割があります。


サテライトの目的について

サービス提供体制の面的な整備、効率的な事業実施の観点から、例えば山間部や過疎地域において下記の出張所設置の要件を満たす場合については、都道府県等を越えた出張所を含めた訪問看護事業所の指定を行うなど、地域の実情等を踏まえサービス提供をします。


指定訪問看護事業者の指定は、原則として事業所ごとに行うものとしていますが、待機や道具の保管、着替え等を行う出張所(いわゆる「サテライト」)について、一定の要件を満たすものは、一体のものとして当該事業所に含めて指定することができる取扱いとなり、なないろ訪問看護ステーションについても愛知県へ届け出をおこなっております。


訪問看護は、特に医療ニーズのある中重度の要介護者が、住み慣れた地域における在宅での療養生活を継続するために必要なサービスであり、このサテライト(出張所)の設置は地域のサ ービス提供の一助になると考えます。





なないろ訪問看護ステーションきそがわサテライトについても、一宮の北西地域(木曽川町など)の患者さまに円滑なサービス提供できるように稼働しております。


今回の新型コロナウイルスの感染予防にも一役たっており、現在、なないろ訪問看護ステーション内での感染予防のため、スタッフをそれぞれに専属勤務をさせてできる限りスタッフ同士の接触しないようにして、万が一スタッフが新型コロナウイルスの感染した場合でも、片方のステーションの看護師が継続して訪問できるような体制をとっています。(感染リスクを軽減)


職員同士の交流が少なくなり寂しさもありますが、これも患者さんを守るために私たちができること必要なことです。


終わりというわけにはいきませんが、私たちも共存しながら患者さんをサポートしていきたいと思います。


管理者 吉良

43回の閲覧

株式会社 なないろ なないろ訪問看護ステーション